加工情報
加工情報

現代に息づく老北京、四合院の魅力に迫る

2008年02月26日        情報源:新華社    
印刷 お気に入り 閉じる 【フォント
新華社北京:北京の伝統民家「四合院」。四方に住居を配し、中庭を取り囲むという住宅様式の総称だ。四合院は中国の住宅建設において最も長い歴史を持ち、最も広く分布している。元の時代に首都が北京へと移り、大規模な首都建設が行われた。四合院は故宮や胡同などと同時に、北京に出現したといえる。四合院の「四」は東西南北の四方を指し、「合」は建物が四方から取り囲んでいる様子を表している。数百年の歴史を経て、四合院は特に北京情緒あふれるスポットとなった。
写真は四合院を改築したホテル。写真に映るナツメの木は樹齢百年。建物は明末に建てられ、清代には宰相(鄂爾泰)が住んだこともある。
【翻訳編集:JCBB(O.T)/G-SEARCH】

中日之窓よりお願い:”中日之窓”と署名した記事や写真等を転載または引用することは可能ですが、その際、必ず記事元のリンクを貼っていただけますようお願いいたします。


评分                    
表情              
*内容:
*验证码
 
日中友好成人式2013

精彩推荐
写真ニュース推荐
中国科学技術
中国旅行
中国経済
IT産業

パートナー&友好リンク
中日之窗 チャイナネット 新華網日本語 中日BBS 日本JETRO 人民中国  日中教育 来華留学 日本留学情報
日本留学展覧会 毎日北京 北京旅行   在日本中国大使館 在中国日本大使館 国際教育フェア 日中産学官交流 中国人材センター